シティープロモーション支援

2016年5月27日

少子高齢化が進む環境で、地方自治体でも格差が広がり、拡大都市と縮小都市の差が顕著になってきました。そこで各自治体は、それぞれの地域性や空間的特徴などの個性(特色)を活かし、創意工夫を凝らした政策を開発し、人口増(情報・交流・定住)による拡大都市を目指すといったプロモーションを、多くの自治体の取組んでいます。そのために、マーケティングやブランド化など、民間企業の手法を用いて、シティプロモーションを行っています。

当社のシティープロモーションの考え方

プロモーションストーリー

当社はシティープロモーション活動を通じて、地域の知名度、地域への愛着を高め、来訪者や住民・事業者の数を増やし、自治体の税収増加を図り、さらなる住民サービスにつなげる。自然人や法人を問わず、様々な人(旅行者や一般住民・事業者や各種団体等)から「選ばれる自治体」に変貌していく能動的な活動を目指します。

ターゲットの設定

特定のターゲットに的を絞り、情報、交流、定住の3つの人口増による税収増を目指すこと。

  • 情報人口
  • 対象地域に関する何らかの情報を受け取る人口 情報提供の手段はインターネット、パンフレット、マスメディアなど。

  • 交流人口
  • 対象地域以外に居住し、対象地域を来訪する人口 観光、通勤・通学、買い物等の目的など。

  • 定住人口
  • 実際に対象地域に居住する人口

ターゲットに合うプロモーションの実施

ターゲットが受ける印象と行動のモデルを以下に示す。

弊社の実績

公的機関でのコーディネーター、委員等

  • 千葉県中小企業団体中央会 中小企業連携強化推進事業 コーディネーター(平成26年度~平成27年度)
  • 埼玉県三芳町まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会 審議委員(平成27年度)
  • 創業塾等

    • 埼玉県三芳町 六次化創業塾(平成27年度)

    アドバイザー

    • 埼玉県三芳町 地方創生・人材育成等の政策分野アドバイザー(平成27年度)

    その他、埼玉県、茨城県の複数の自治体に対してシティープロモーションに関するアドバイスをしております。